初めてのキャンピングカー旅行記

小学2年生の双子の娘を連れて初めてキャンピングカー「テントむし」をレンタルしました。これまで何度か自家用車で車中泊をしましたが、娘たちも大きくなり、自家用車では手狭になったため、大人2人、子ども2人が寝られる手ごろな車両から選びました。

出発は8月3日午前7時。15分前にキーが開きましたが、荷物を積んだりして出発は定時になりました。蒸し暑い神奈川県を早く脱出したいと思い、目的地は栃木県の那須高原へ。

途中東北道の羽生SAで休憩をして3時間くらいで西那須IC近くの千本松牧場に到着。ここは標高も低く暑かったです。しかし動物の大好きな子ども達はやぎに餌をやったり、犬をレンタルして散歩したり。とても楽しめました。牧場に行ったのに一番喜んだのは有料(5分1000円!)のトランポリンジャンプと水上ハムスター。炎天下でもおおはしゃぎでした。

初日の宿泊場所は道の駅「友愛の森」。トイレもあるし森の方は結構、静かでよかったです。夜間少々扱った時間もありましたが、眠れました。子ども達は「テントむし」のポップアップを楽しみにしていましたが、道の駅に着く前に後部座席で就寝モードに。。。寝てしまった子ども達をポップアップの台の上に上げるのが大変でした。

2日目は有名なパン屋「ペニーレイン」で朝食。さわやかな気候でおしゃれな雰囲気の中、良い朝食が摂れました。2日目のメインは那須ハイランドパーク。「ハイランド」なのに暑い!混雑具合はまあまあでしたが、乗りたい物には乗れ、満足の様子の子ども達。2日目の夜も「友愛の森」で車中泊しました。またまた、寝てしまった子ども達を上げるのに苦労(笑)この夜は寝ている間に雨が降ったため、網戸状態にしていたポップアップ部分を開けたり閉めたり・・・。閉めると暑く感じます。

ちなみに近くにコインランドリーがあるので、2回使用し持って行く荷物を減らしました。「テントむし」はリア部分にあるコンテナに荷物は入りますが、車内の収納スペースが少ないので、なるべく荷物は少なくしていくことをお勧めします。

3日目最終日は朝食をコンビニで買って、つつじ吊り橋へ。絶景でした。ここへ向かう駐車場でも車中泊できたかも。人もほとんどいませんでした。というか1人すれ違っただけです。森の小径を抜けると吊り橋がお目見えです。その入口と出口に屋根付きの休憩スペースがあります。お立ち寄りスポットとしてはオススメです。そして、いよいよ最後のレジャー施設、那須どうぶつ王国へ。とにかく動物好きにはオススメです。動物と近い。ふれあいや餌やりが多い。その分小銭がたくさん必要ですが。この日は4か月になるスナネコの赤ちゃんも展示されてました。しかし、娘達は何よりもワンチャンが大好き。レンタルでの散歩、ここでもしました。笑

キャンピングカーとは、如何ほどの物か、良い体験ができました。初めての軽キャンパーには「テントむし」は最適だと思います。今度は機会があれば大型のキャンピングカーをレンタルしてみたいと思います。

最新情報をチェックしよう!
>24時間OKのキャンピングカーレンタル

24時間OKのキャンピングカーレンタル

初めてのキャンピングカーでも大丈夫。レンタル中に困ったことがあれば24時間電話対応しています。旅行、キャンプ、アウトドア、スキーなど使い方はいろいろ。ご家族、友人で楽しい思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

CTR IMG