初めての車中泊、テント宿泊体験

子供の夏休み開始直後、家族で東京を脱出して自然を体験できる旅をしたいと思い、その始まりは大きいワゴンで、ゆったり移動しながら車中泊できたら良いなーって思ってました。またキャンプ経験のない家族向けに、夏の白馬のスキー場で、1泊2日のキャンプ体験教室があり、それに参加する予定だったので、今回の旅は、車中泊・キャンプ体験の目的を遂行出来る旅となりました。

1日目は、退社後、ロードクルーズ武蔵村山店に立ち寄り、自分の車を置いて、車中泊バンのチェックアウト、自宅で荷物を積み込み、中央道・長野自動車道の深夜割引を利用して、黒部ダムを目指して移動開始、途中、談合坂サービスエリア、梓川サービスエリアで小休止、事前にチェックしておいた、24時間営業のガソリンスタンドで給油後深夜に扇沢駅駐車場に到着して車中泊。

2日目、1日目の運転の疲労から睡眠で体力をバッチリ回復。朝から扇沢駅から電気バスに乗り、黒部ダムを散策、家族連れの重装備の登山者が沢山いてびっくりしました。

その後、白馬のスノーピークにあるスターバックスでコーヒー休憩、芝生に設置されていたタープ内で暑い日差しを避け、白馬の山々の景色見ながら、冷たい飲み物で喉を潤しました。その日の夜は、グリーンプラザ白馬に宿泊しました。

3日目は、白馬47に移動して、お待ちかねのテント宿泊体験教室、インストラクターのガイドの元で、火起こし体験、夕食は、飯盒でお米を炊き、ダッジオーブンでカレーを作りました。夜は、温泉に行き、その後、ホタル公園に行き、蛍を鑑賞しました。

4日目は、川でイワナの手掴み体験の後、その取ったイワナを加工して、臭みをとり、塩で味付け。お昼ご飯は、その加工したイワナを炭火で焼き、食べました。その後、山頂にゴンドラで移動して、ジップラインを経験しました。

高所でのアクティビティだったせいか、緊張してたくさん汗をかいたため、白馬を離れる前に温泉に立ち寄り、汗を洗い流して休憩。

5日目は、帰路も中央道の深夜割引を利用しての移動、途中、諏訪湖サービスエリア、八ヶ岳サービスエリア、談合坂サービスエリアで時間調整しながら帰ってきました。

安曇野・大町・白馬エリアは、24時間営業のガソリンスタンドがあまりないために、事前に給油ポイント確認をすること、またガソリン価格も都心に比べて高いので、gogo gasで周辺の価格帯を調べてから行くことをオススメします。

最新情報をチェックしよう!
>24時間OKのキャンピングカーレンタル

24時間OKのキャンピングカーレンタル

初めてのキャンピングカーでも大丈夫。レンタル中に困ったことがあれば24時間電話対応しています。旅行、キャンプ、アウトドア、スキーなど使い方はいろいろ。ご家族、友人で楽しい思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

CTR IMG